toggle
2018-02-17

中銀カプセルタワービル

カプセル建築

設計は黒川紀章先生

部屋・カプセル・ユニットごとに交換することが可能

丸窓は茶室をイメージしているらしい

内観 外国のかたに人気

まるで宇宙船

水まわりユニット

老朽化で建て替えが何回か話題になっている反面、保存と再生に努める人もたくさんみえました。

 

1972年竣工

東京都中央区銀座8丁目

建築面積 429.51㎡

延床面積 3,091.23㎡

SRC造、一部S造

地下1F、地上11F及び13F

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です