toggle
2018-03-15

神長官守矢史料館

史料館です。史料保護のために鉄筋コンクリート造りになっています。

屋根は鉄平石、外壁はサワラの割板が使用されています。

突き出ている4本の木の柱は、諏訪の自然と中世の信仰のイメージをとりこんでいるそうです。

中にも入場料、100円で入ることができます。

鍛造による取っ手。

中はワラを混ぜたモルタルを使用しているそうです。雰囲気があって落ち着く空間です。

雰囲気、ありすぎです。諏訪神社の鹿の頭部を供える「御頭祭」の展示だそうです。うさぎもいます。

館長が、歴史やこの地方の風習、建物、建築家の藤森先生のことを詳しく、熱心に説明して頂けるので、わかりやすくて、とてもためになります。

すぐ近くには、建築家の藤森先生の高過庵、低過庵、空飛ぶ泥舟といった変わった茶室もあります。

 

博物館

長野県茅野市宮川

1991年(平成3年)

藤森照信先生

この地方で歴史ある守矢家の代々伝わる文書や史料が保管・公開されています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です