toggle
2018-04-13

石垣工事~家康の狙い

いつもお世話になっております。石垣工事編、突入です。

 

 

名古屋城の石垣工事を命ぜられたのは、もと豊臣家臣の外様大名二十家でした。

 

関ケ原の戦いのあと再び豊臣方に加担することがないよう、彼らの財力を消耗させ、戦力を弱体化させる狙いが

あったのです。

 

 

家康、恐るべし。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です