toggle
2018-05-20

鯱ほこ~純度80%

【金の鯱ほこ】

そもそも

鯱ほこは火事を防ぐまじないとして、室町時代の前期ごろから飾られるようになりました。

やがて

鯱ほこは城主の勢いを示すシンボルとなりました。

・・・信長の安土城、秀吉の大阪城にも飾られました。

しかし

名古屋城は別格。

家康の権力・財力の証しであり、チカラの象徴。金の純度80%、小判にして17,975両もの超豪華な鯱ほこ。

名古屋の誇りであります。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です