toggle
2018-06-13

城門~櫓門と高麗門

門の形式により、櫓(やぐら)門高麗門に分類できます。

 

門扉の上に櫓(やぐら)がのっかる2階建ての櫓門と小さな屋根がのっかる高麗門であります。

 

【櫓門】

 

正門

第2次世界大戦により焼失。昭和34年、天守閣と共に再建されて現在に至る。

 

本丸 表一之門

焼失

 

本丸 東一之門

焼失

 

 

【高麗門】

 

 

本丸 表二之門

重要文化財

 

本丸 東二之門

重要文化財

移築復元!

 

不明門(あかずのもん)

ふだんは閉ざされ、特別なことがない限り鍵がかけられていた門

 

 

他に、脱出のための極秘にされてきた門もあります。土塀の下につくられていて、現在、二之丸の西にその跡だけ

が残されています。「埋門」(うずみもん)

 

 

名古屋城、徹底した守りで、本丸・天守閣に攻め込むことは不可能といわれていたのです。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です