toggle
2018-06-25

ドキュメンタリー~堀川を下る

徳川家康は、名古屋城の軍事上の役割だけでなく、城下町の発展も考えて名古屋の中心部に堀川をつくりました。

 

 

 

 

 

全長、約7.24キロメートル。暑いさなか、名古屋城からどんどん南へ下ってみた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です