toggle
2018-10-09

東京駅丸の内駅舎

1914年(大正3年)に創建。辰野金吾さんにより設計されました。

1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根、内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興される。

しかし、開業100年を間近に控えた2012年、今から6年前に3階部分とドーム屋根が開業当時の姿に復原される。

ドーム部分を中から見上げる。

ちなみに、推測に基づき失われた建物を当時のように再現する「復元」とは違い、旧部材や文献等が残っていて、根拠が確かな「復原」という表記で表現されています。

KITTE、6F屋上庭園から見る。

新丸ビル、7Fテラスから。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です