toggle
2019-02-21

尾張四観音~荒子観音

地元では、荒子の観音さんと呼ばれる荒子観音の正式名称は「浄海山圓龍院観音寺」というそうです。ルーツは奈良時代、天平元年、729年に創建。その後、加賀藩主である前田利家が天正4年、1576年に修造しました。

【山門】

前田利家は荒子に生まれ、北陸に所領を与えられるまで寺の近くに荒子城を構えていたとされる。荒子観音は、前田利家の菩提寺でもあります。

【多宝塔】

写真がちょっとあれですが、天文5年、1536年に再建された多宝塔はなんと、名古屋市内最古の木造建築物で、国の重要文化財に指定されています。

【本堂】

【六角堂】

【鐘楼】

日本有数の円空仏が保存されていることでも知られています。円空仏は毎月第2土曜日の午後1時から4時まで公開されていて、公開日には境内で円空仏を彫る体験教室が開かれているそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です